医療法人社団 中村医院
当院の沿革
当院は小田急線・JR南武線、登戸駅から徒歩4分のところにある、内科・消化器科の診療所です。
昭和30年(1955年)に現院長の父、中村忠夫が当地で開業して以来50年以上にわたり、微力ながら地域の医療を第一線で担ってまいりました。また、平成7年(1995年)からは、現院長の中村全が常勤として診療に携わるようになり、内科一般のほか専門の消化器病の診療を充実させております。
診療案内へ
当院の沿革・診療案内 院長プロフィール 検査案内 診療時間・休診日
医院マップ 院内の御紹介 お知らせ トップに戻る
(C)2003-2008 NAKAMURA-IIN